Browsing articles in "About"
4月 3, 2010
管理人
コメントは受け付けていません。

設立理念

MULTI-PLACE POSITIVE OTAKU INSTITUTION

駒澤大学現代視覚文化研究会は、日本が誇る現代視覚文化(オタク文化)を、マクロな視点から総体を眺めることを研究テーマと位置付けています。

昨今の高度情報化社会の中で、ますます微細化、細密化される方向の中で、個々の多様性を認めつつマクロな全体像を見出そうと考えています。
そのために既存価値の解体と再構築という、インテグレーション(integration)という角度からはじめたいと模索しています。

故にMulti-place Positive Otaku Institution (以下、MPOI)を当会の理念と掲げ、現代視覚文化の更なる飛躍、文化から文明への昇華の架け橋となるべく、日々活動に勤しむ所存であります。

設立  2006年8月15日

4月 2, 2010
管理人
コメントは受け付けていません。

当会概要

 駒澤大学現代視覚文化研究会は、駒澤大学(東京都世田谷区)を拠点に活動する大学公認サークルです。主な活動は、現代視覚文化についての知識を共有し、また研究して、会員皆で楽しむ事です。漫画、アニメ、ゲーム、演劇、映画等、現代の視覚文化について総合的に研究しているサークル です。年二回のコミックマーケットへの参加、夏季冬季の合宿が主な行事となります。

 『現代視覚文化』についての定義は漫画『げんしけん』をお読み下さい。
(『げんしけん』と全く同様の活動を保証するものではありません)

活動は、
・年2回の会誌(同人誌)発行
・オータムフェスティバル(学祭)参加
・イベントへの参加・企画
・他大学サークルとの交流
などが挙げられます。
詳細は活動報告をご覧下さい。

ページ:«12

Archive