Browsing articles in "Meeting"
5月 18, 2010
管理人

第4回定例会 [2010.05.13]

★よんだらった製作の始動

とうとうC78に向け会誌作りがスタートします。
当会誌においては、全会員をひとまず班に分け、班ごとに編集までを行なう方式を取ることとなりました。
昨年夏のよんだらったVol.4では10班でしたが、今回はさらに増え12班に。12通りの面白さを内包した会誌となるよう、精一杯会誌作りに励む所存であります。

—-

話を定例会に戻します。
まずは班長がショート・スピーチを行ない、班の趣旨などを説明、その後会員に所属したい班を選んでもらいました。
テーマも所属班員も決まってきたところですが、OHPの報告では割愛させて頂きます。守秘事項その1。

以降は班長の責任の下、原稿執筆作業から交流に至るまで、班という枠組みを中心に動いていただきます。
新規会員・既存会員が共にする良い機会でありますので、新たな交友関係へと繋がってくださればと思います。

—-

班を決めた後は班行動タイム。
それぞれ、テーマに対する概念的な話にとどまったようです。
次回の定例会では、具体的テーマや締め切りなど、細かな話になり、いよいよ本格的に始動です。

—-
★現代視覚文化論特講について
定例会について、一部人間は「現代視覚文化論という授業である」と称していますが(私だけ?)
別の枠で時間を設け、任意参加にて特別集会を行なおう、という試みです。
通常の定例会ではプログラムが多く、また参加人数が多いことから企画も大がかりなものにならざるを得ないという欠点がありました。
この特講により、研究・考察活動を始め、講習会など幅広い用途でもって利用し、また会員の企画意欲を高めることを狙っています。

ひとまず「マイPC購入しようキャンペーン」と銘打ってPC知識を広める会なんてどうかしら。

—-
★進行など
滞りなく、スムーズだったとのこと。
この項目は他会員の声を参考にさせて頂いています。

★会員の声
「会誌作り楽しみです。ピーリカピリララのびやかに期待しています」
「パメルクラルクたからかにがんばります」
何で某どれみのノリなのかは私にもわからない。

—-

5月 18, 2010
管理人

定例会報告につきまして

当サークルの平常活動として挙げられるものは、週に1回の定例会です。
会誌制作において重要な集まりになる他、各種連絡事項の確認やイベント告知。
また、昨年度は討論会や上映会などを行ないました。

では具体的に毎週何をやっているのか。
守秘事項もあるため、簡単なものですが、少しずつお伝えしていこうと思っています。

以降はカテゴリ『Meeting』を宜しくお願い致します。

5月 9, 2010
管理人

第3回定例会 [2010.05.06]

新学期が始まってから早いもので1ヶ月が経ちました。
新入生の方々は大学生活に慣れましたでしょうか。

私は未だに談話室の雰囲気に慣れません。

今回は会誌制作について説明させていただきました。
当会では、会誌制作時期が近づくごとに班を編成して、
それぞれの班で原稿を作成してきます。

第4回の定例会に班長となる方のショートスピーチを聴いた上で、
会員方々にどの班に入るかを決めていただきます。

今後は定例会の活動内容が会誌制作のみとなる可能性が高いので、
定例会報告の本文が短くなってしまうかもしれませんがご容赦ください。

4月 28, 2010
管理人

第2回定例会 [2010.04.22]

今回の定例会も主に新入生(新会員)の方々向けの連絡を致しました。

普段活動に利用している場所や
今後の予定について簡単に説明をさせていただきました。

今後の予定で説明したものは
以下の[新旧会員の春色桜瀬なピクニック]でした。
http://komagen.net/?p=202

既存会員・新会員共々顔をあわせてまだ日が浅いため 
親睦を深めるという意味合いも込めまして 
今回のピクニックが企画されました。

今後とも会誌作成以外にも
様々なイベントごとを企画・実行し、
さらなる発展を遂げていければと思います。

4月 16, 2010
管理人

第1回定例会 [2010.04.15]

今年度も活動が始まりました!

私達既存会員はサークルフェスティバル等で既に活動をしておりましたが、
これから入会される方々にとっては今回が初の定例会です。

という訳で今回は簡単な紹介から入りました。

行ったことリスト
 ・仮入会希望された方と顔合わせ
 ・入会にあたってのご説明
 ・自己紹介
 ・様々な必要書類の配布

役員は全員、
既存会員・仮入会者につきましては挙手による希望をとって
自己紹介を行いました。

今年も彩り鮮やかに様々な方々が集まりました。
今後の発展が楽しみです❀

さくらさくら

ページ:«123456

Archive