Browsing articles in "Blog"
10月 13, 2010
広報部

ちょっと困ったでござる

今晩は、砂漠です。

皆様、「俺妹」2話見られましたか?沙織初登場ですよ!いやあ、良い人だ。しかし黒猫さんよ、サイコガンダムはねえよ。バジーナなんだしさ。

本来なら、ここで改造の進度をお見せしたいところなのですが、そのですね、作業中に本体を落としてしまいましてパーツが壊れてしまいました(泣) ただいま修復中でございます。

その代わりといってはなんですが、落とす前の写真を貼っておこうと思います。

後頭部にピンバイス(手で回すドリルみたいなものです)で穴を開け、そこに針金を通してパテを盛って髪の毛を作る予定でした。

では、また次の機会に。

10月 12, 2010
goldvix

マチアソビvol.4 最終日

運営責任者のウィークスです。
gdgdなマチアソビレポートも今回で(たぶん)終わりです!

最終日の徳島も、快晴!

昨日とほぼ同じ時間に眉山ロープウェイを使用したのですが、並ばずに乗ることができました。
やはり昨日はミルキーホームズと花澤さんの効果で異常だったんだな……。
登ってから、目当ての「俺の妹」ステージイベントまでは時間があったので、周辺をぶらぶらと。
痛車の方で人だかりができているので、なんだろうと覗いてみたらこの状況でしたw


彼氏さん、大変ですね……。

レッカーされていくマナカを見送っていると、MOSAIC.WAVさんのリハーサルが。
普通にリハーサル風景をのぞけてしまうのも、マチアソビの楽しみのひとつですね!
その後、いとうかなこさんと野水伊織さんも林間ステージにてリハーサルを行っていました。

リハーサルが終わるころには「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」ステージの待機をするのにいい時間に。
山頂ステージのベンチで待機していると、出演者のみなさんが続々と到着。
伏見さんは早速サイン攻めに遭っていましたw
イベントの始まる直前には、岩上さんまでサイン攻めに遭う状況。
今日は訓練された観客が多かったようです。

イベント自体は録画されていて、後日アップされるのかな?
ということなので、印象に残ったところをまた箇条書きで。

・倉田さんは時間さえ守れば素晴らしい人
・アニメの会議は、関係のないオタトークをしすぎて長い
・憂鬱な感じのアニメのような、モノローグアニメにはしないという方向性で決まった
・ふわっと日々を過ごしていたゆまさん
・アニプレックスの弁当はおいしい
・メーカー横断ブログの冊子の平等性
・ゆまさんオープンマイハート
・黒猫がイノケンティウス召喚失敗
・秋葉原でのポスター配布には国家権力の介入が
・ツイッターに中の人などいない

・覇権は握る!

—————————————————————

イベント終了後は、いとうかなこさんのライブを鑑賞。
少し遠巻きに見ていましたが、素晴らしいですね。
個人的に塵骸魔京の曲を聴けたのがよかったです。

いとうかなこさんのステージのあとには、プリキュアショーがあったのですが、これの列がものすごく長く伸びていました。
並んだ人数でいえば、三日間のなかでもトップクラスだったのではないでしょうか。
プリキュア人気、おそるべし。

その後下山し、ポッポ街の5階へ。
ここには西尾維新アニメプロジェクトの原画展などがあります。
電撃文庫のコーナーもあるので、入口では桐乃がお出迎え。

電撃文庫応援コメントのコーナー


三木さんサイン会を! というコメントが気になりますね!

一通り見終わってからは、ボードウォークをぶらついたり、つきねこのライブを見て過ごしました。
そうこうしていると帰りのバスの時間が来てしまい、一抹の寂寥感のなか家路につきました。
こうして僕のマチアソビは終了。
次回また徳島に行ける日を、楽しみにしています!

10月 11, 2010
goldvix

マチアソビvol.4 二日目

運営責任者のウィークスです。
宿泊先のホテルに帰ってきてから、なんだか鼻がヒリヒリするなぁと思っていたら、日焼けだこれ。
そう、今日の徳島は昨日とは打って変わって快晴でした!

今日は朝9時前にホテルを出たのですが、その時点で上着はいらない暖かさでした。
昨日は山頂付近が見えなかった眉山もこの通り。

晴れて、牛さんも喜んでますね!

山頂からの景色も素晴らしいです。自分で撮っておいてなんですが、壁紙に使いたいレベルw

林間ステージもこのような具合。

痛車も思う存分撮らせていただきました。
個人的にアイドルマスターが大好きなので、それを中心に。
僕がアイドルマスターをどれくらい好きかって言うと、もう生活の一部であって最早ゲームではなく自分の人生そのもn(ry

ニトロプラスさんの痛車も今日はこちらにありました。

—————————————————————————————–

そして、本日のメインイベント
電撃文庫「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ化記念(表)!作家&関係者トークショー
また今回もフリーダムな会話が繰り広げられました。
普通のレポートを書くには自分の文章力が足りないので、箇条書きにて。

・伏見さん、桐乃たちを「こいつ」呼ばわり
・作品のキーは「エロゲー」
・エロゲーが中心のホームコメディは今まで無かった
・桐乃の部屋の写真にはスタッフのこだわりが
・桐乃のキモイには十種類ある
・桐乃は「キモイ」と「ウザイ」だけで会話できる
・二見さんはM
・エヴァンゲリオンだった
・リテイクがほとんど無いアフレコ現場
・シーンがあまり変わらないので、絵コンテの演出ががんばっている
・一話の桐乃と京介が激突するシーンは、スローモーションや回り込み等を使用したスペシャルカット
・尻
・尻には川口さんの魂が見られる
・天使ちゃn……じゃなくて黒猫
・京介は原作の5倍くらいイケメン
・私服は一話と二話で違っていて、こだわりの箇所であり見どころである
・麻奈実も原作以上に可愛い
・あやせと加奈子は原作とは違うタイミングでの登場
・八話がすごい
・ゲームの話で二見さん噛みまくり
・PSPで手軽に妹が持ち運べる
・ゲームシナリオの桐乃とあやせシナリオは全て伏見さんが書いている
・加奈子シナリオの存在も
・会議はいつも深夜
・アマゾンで一日天下
・禁書とのコラボ、日経に載ることを伏見さんは知らなかった
・アニプレックスとジェネオンの呉越同舟的(?)協力
・DVD&ブルーレイ、キャラクターコメンタリーは映像を編集し直したもの
・ニコニコ動画での公募EDは、ヒット数で選んではいない。再生数100台のものも
・EDカットは毎回変わる。イラストレーターだけでなく、アニメーターや漫画家も
・DVD&ブルーレイは、ディレクターズカットで放送時より長い。AICと監督の熱意で長くなった
・原作7巻は、今までにない展開から始まる
・七巻のカバーイラスト、よく見ると桐乃が京介をつねっている

・徳島といえば、俺の妹だよね!

10月 10, 2010
goldvix

マチアソビvol.4 一日目

運営責任者のウィークスです。
前回お知らせしたように、今日から徳島ではじまった「眉山山頂秋フェスタ×マチ★アソビ vol.4」のレポートをお届けしたいと思います。
写真中心の簡易レポですが、ご容赦を。

今日の徳島はあいにくの雨天。
眉山の上には霧がかかっています。

ufotable cafeのあるビルの一回には、俺の妹がこんなに可愛いわけがないポータブルやゴッドイーターなどの展示がありました。

ゴッドイーター

ボードウォークは残念ながら、雨でほとんどのブースがやっていません。

○ポッポ街
マクロスの展示

武装神姫

痛チャリ展示

桐乃もいました!

こっちは痛車……ランチアが……。

○眉山
山頂からの景色

夜景

今日は本当に雨がついてまわる一日でした。
傘をさしながらの移動や撮影は体力の消耗が激しいですから、明日からは晴れてくれたらいいなぁ。
短くてすみませんが、今日はこのへんで!

10月 9, 2010
広報部

作るでござる

皆様、「俺妹」のキャラクターでは誰が好きでしょうか?

私は沙織が好きなんですよ、面白くて気が利く女性なんて素敵じゃないですか。

申し遅れました、私、砂漠と申します。私の担当する記事なのですが、フィギュアを改造して沙織を作ってしまおうという内容です。

使用するのは、ねんどろいどぷちシリーズ。可愛いですよね。そうそう、桐乃と黒猫がねんどろいどシリーズでリリース決定されましたね!!

道具です

使用する道具です。私は主に、エポパテを使って加工します。ポリパテや速乾パテもいつかは使ってみたいですね。

リュックサック

パテを盛って、リュックサックの元を作ってみました。これから削りこんで行きます。パテが乾くまで、また今度です。

ページ:«123456789»

Archive