11月 30, 2011
daiki

おつかれさまです

お久しぶりです、広報の田中です。
オータム無事終了です!(ちょっと遅いですが)

会場へいらっしゃってくださった皆様
ご協力を賜った皆様
応援してくださった皆様
そして何より、今回御登壇いただいた方々
このような場所ではございますが、私からもお礼を述べさせていただきます。
本当にありがとうございました。

ということで今回は、イベントの様子をカンタンではありますがご紹介させていただこうと思います!
それではまず一日目!
「古里尚丈プロデューサー講演会」

会場内ではお客様の来場に合わせ、古里さんが関わった作品のオープニングテーマを上映させていただきました。
イベントらしい雰囲気にすることが出来たのではと思います!
時間通りに古里さんにご入場いただき、講演会がスタート!

前半は古里さんがお持ちくださった資料を交えながら、プロデューサーというお仕事やアニメ業界のお話を伺いました。
中盤から御登壇頂いた青木さんの鞄からはたくさんの資料が!

作品が世に出るまでの過程を見させてもらった訳ですが、その資料一枚一枚のお二人のコメントを聞いていると、なんだか「羨ましい」という気持ちになってくるのです。
アニメ、つくってみてえなあ。

今回は「講演会」ということで、特定の作品に関する話題よりも、様々な作品に触れながら業界のお話を伺い、「アニメを創る」という感覚が感じられるような、そんなイベントでした。

続いて2日目!

ライトノベルの著者その人に焦点を当てたイベント、というのは珍しいのでは?
題して「アサウラ先生トークショー!」ということで、作品のウラ話やサバゲーのお話など、先生のファンなら大満足の内容でした!

そして、先生のセガ愛も遺憾なく発揮されました!
私も格ゲーのために拡張ラム買いましたよ・・・。と、同じセガファンとして親近感が湧きました。好きなバーチャ○イドはなんですか?なんて、そんなお話、してみたいですね!

会場は笑いに溢れ、あっという間の一時間でした!

さて、今回でイベントに関するブログは終了となります。
また機会があれば、どこかでお会いしましょう!
今後とも当会をよろしくお願いいたします。
それでは!

■駒澤大学現代視覚文化研究会Twitter■
http://twitter.com/koma_gsk

Leave a comment

Archive