10月 11, 2010
goldvix

マチアソビvol.4 二日目

運営責任者のウィークスです。
宿泊先のホテルに帰ってきてから、なんだか鼻がヒリヒリするなぁと思っていたら、日焼けだこれ。
そう、今日の徳島は昨日とは打って変わって快晴でした!

今日は朝9時前にホテルを出たのですが、その時点で上着はいらない暖かさでした。
昨日は山頂付近が見えなかった眉山もこの通り。

晴れて、牛さんも喜んでますね!

山頂からの景色も素晴らしいです。自分で撮っておいてなんですが、壁紙に使いたいレベルw

林間ステージもこのような具合。

痛車も思う存分撮らせていただきました。
個人的にアイドルマスターが大好きなので、それを中心に。
僕がアイドルマスターをどれくらい好きかって言うと、もう生活の一部であって最早ゲームではなく自分の人生そのもn(ry

ニトロプラスさんの痛車も今日はこちらにありました。

—————————————————————————————–

そして、本日のメインイベント
電撃文庫「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」アニメ化記念(表)!作家&関係者トークショー
また今回もフリーダムな会話が繰り広げられました。
普通のレポートを書くには自分の文章力が足りないので、箇条書きにて。

・伏見さん、桐乃たちを「こいつ」呼ばわり
・作品のキーは「エロゲー」
・エロゲーが中心のホームコメディは今まで無かった
・桐乃の部屋の写真にはスタッフのこだわりが
・桐乃のキモイには十種類ある
・桐乃は「キモイ」と「ウザイ」だけで会話できる
・二見さんはM
・エヴァンゲリオンだった
・リテイクがほとんど無いアフレコ現場
・シーンがあまり変わらないので、絵コンテの演出ががんばっている
・一話の桐乃と京介が激突するシーンは、スローモーションや回り込み等を使用したスペシャルカット
・尻
・尻には川口さんの魂が見られる
・天使ちゃn……じゃなくて黒猫
・京介は原作の5倍くらいイケメン
・私服は一話と二話で違っていて、こだわりの箇所であり見どころである
・麻奈実も原作以上に可愛い
・あやせと加奈子は原作とは違うタイミングでの登場
・八話がすごい
・ゲームの話で二見さん噛みまくり
・PSPで手軽に妹が持ち運べる
・ゲームシナリオの桐乃とあやせシナリオは全て伏見さんが書いている
・加奈子シナリオの存在も
・会議はいつも深夜
・アマゾンで一日天下
・禁書とのコラボ、日経に載ることを伏見さんは知らなかった
・アニプレックスとジェネオンの呉越同舟的(?)協力
・DVD&ブルーレイ、キャラクターコメンタリーは映像を編集し直したもの
・ニコニコ動画での公募EDは、ヒット数で選んではいない。再生数100台のものも
・EDカットは毎回変わる。イラストレーターだけでなく、アニメーターや漫画家も
・DVD&ブルーレイは、ディレクターズカットで放送時より長い。AICと監督の熱意で長くなった
・原作7巻は、今までにない展開から始まる
・七巻のカバーイラスト、よく見ると桐乃が京介をつねっている

・徳島といえば、俺の妹だよね!

Leave a comment

Archive