10月 15, 2010
広報部

星くずういっちメルルがちゅっちゅ可愛い

10月7日木曜日PM7時くらい

広報メンバーの僕たち3人(後の記事で出てきます)は広報部長に「絵、描こっか」と言われた。
その場にいた僕らは「(な、何を言ってるかわからない…)」という様な状態だった。隣にいたメンバーの一人のきょとんとした顔を僕は今でも鮮明に覚えている。
広報部長にありのままに思ったことを聞き返すことができなかったのが、今では不思議なくらいだ。
続いて広報部長は延々と語ってくれた。過去のこと。現在のこと。未来のこと。当会の会誌が赤字だということ。

そして…数時間後…

「俺妹のキャラを絵で描き、制作過程をブログにアップすることでコスモが高まるんだ!」と発狂する僕の一つ後輩。
「パワーをメテオに!」と叫ぶ僕の二つ後輩。
思わずつられて「いいですとも!」と叫ぶ僕。
そうか。そうだよ!絵を描けばいいじゃない!そんでもって制作過程もついでにアップしちゃえばいいじゃない!
「ようし!描くぞー!おまいらー!」
「おおおおお!!」

僕たちの冒険は---まだ始まったばかりだ!          』

以上茶番でした。まぁつまり「俺の妹がこんなに可愛いわけがないのキャラクターを下書き→線画→完成くらいの要領で分けて制作過程をあげつつコメントを残しながらブログにアップしましょう」というプチ企画をひっそりとやってみたり。
毎週上がる予定みたいですね。トップバッターは私、かねたまです。描いたのはメルルです。好きですメルル。

この無茶ぶりをどう返してくれるのか次の方の反応が楽しみですね!無視されそうですが。それではまた来週!

ノシ

{{insert_meta pixiv}}

10月 14, 2010
広報部

今週の週刊アスキー「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」

会長の福山です。

今週の週刊アスキーの表紙はなんと「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の桐乃です!

絶対に買わなければという何処からわいてきたのか分からない使命感を心に燃やし、

私は早速お店へ向かいました。

お店に行き、表紙に大きく桐乃が見えている本にたどり着くと、

普段の週刊アスキーとは違った印象を受けます。

購入してきたのは良いのですが、私の部屋の居場所が一時的に制限されました。

週刊アスキーの「秋葉原限定版」では、アニメなどの表紙が多くなじみ深いのですが、

このように週刊アスキーの表紙を飾りますと新鮮です。

以前にも、「初音ミク」、「ラブプラス」の表紙の号があったと聞きましたが、偶然なのか、

二つとも購入できておりませんでした。

そのような以前の出来事もありましたが、今回は無事手に入れることができ、

感無量でございます。

読者の皆様もご興味がございましたら、どうぞお手に取ってレジに足を運んで頂けると幸いです。

この日の現住所付近のコンビニエンンスストアから忽然と、とある雑誌が消えたのであった・・・。

これらの20冊余りに及ぶ週刊アスキーは、愛読者が増えるように利用させて頂きます。

10月 13, 2010
広報部

ちょっと困ったでござる

今晩は、砂漠です。

皆様、「俺妹」2話見られましたか?沙織初登場ですよ!いやあ、良い人だ。しかし黒猫さんよ、サイコガンダムはねえよ。バジーナなんだしさ。

本来なら、ここで改造の進度をお見せしたいところなのですが、そのですね、作業中に本体を落としてしまいましてパーツが壊れてしまいました(泣) ただいま修復中でございます。

その代わりといってはなんですが、落とす前の写真を貼っておこうと思います。

後頭部にピンバイス(手で回すドリルみたいなものです)で穴を開け、そこに針金を通してパテを盛って髪の毛を作る予定でした。

では、また次の機会に。

10月 13, 2010
管理人

第16回定例会 [2010/10/07]

本日はオータムフェスティバルに向けての調整、
当日の動きの書面と口頭での確認と
冬のコミックマーケットに向けてのガイダンスを行ないました!

オータムフェスティバルでは
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の原作者、編集者の方々を
駒澤大学オータムフェスティバル2010にお迎えして、トークショーを行ないます。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」トークショー ~俺の妹駒大に立つ!!~

現在トークショー応募の期間中です!
皆様のご応募お待ちしておりますヾ( ゚∀゚)ノ゛

冬コミのガイダンスでは過去の会誌や
他大学様の会誌を拝読し、企画やレイアウトの参考にさせていただきました。

私は夏コミの余韻に浸っているような状態でしたが
もう冬コミへの取り組みがスタートです。

時間の大切さを知るために
みなさんもbotを活用しましょう。

——————–
*逆時報
http://twitter.com/timebackcount
*原稿しろ
http://twitter.com/genkousiro
*原稿するなbot
http://twitter.com/genkousurunabot
*〆切厳守
http://twitter.com/sime_bot
*原稿応援
http://twitter.com/mad_script
——————–

10月 12, 2010
goldvix

マチアソビvol.4 最終日

運営責任者のウィークスです。
gdgdなマチアソビレポートも今回で(たぶん)終わりです!

最終日の徳島も、快晴!

昨日とほぼ同じ時間に眉山ロープウェイを使用したのですが、並ばずに乗ることができました。
やはり昨日はミルキーホームズと花澤さんの効果で異常だったんだな……。
登ってから、目当ての「俺の妹」ステージイベントまでは時間があったので、周辺をぶらぶらと。
痛車の方で人だかりができているので、なんだろうと覗いてみたらこの状況でしたw


彼氏さん、大変ですね……。

レッカーされていくマナカを見送っていると、MOSAIC.WAVさんのリハーサルが。
普通にリハーサル風景をのぞけてしまうのも、マチアソビの楽しみのひとつですね!
その後、いとうかなこさんと野水伊織さんも林間ステージにてリハーサルを行っていました。

リハーサルが終わるころには「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」ステージの待機をするのにいい時間に。
山頂ステージのベンチで待機していると、出演者のみなさんが続々と到着。
伏見さんは早速サイン攻めに遭っていましたw
イベントの始まる直前には、岩上さんまでサイン攻めに遭う状況。
今日は訓練された観客が多かったようです。

イベント自体は録画されていて、後日アップされるのかな?
ということなので、印象に残ったところをまた箇条書きで。

・倉田さんは時間さえ守れば素晴らしい人
・アニメの会議は、関係のないオタトークをしすぎて長い
・憂鬱な感じのアニメのような、モノローグアニメにはしないという方向性で決まった
・ふわっと日々を過ごしていたゆまさん
・アニプレックスの弁当はおいしい
・メーカー横断ブログの冊子の平等性
・ゆまさんオープンマイハート
・黒猫がイノケンティウス召喚失敗
・秋葉原でのポスター配布には国家権力の介入が
・ツイッターに中の人などいない

・覇権は握る!

—————————————————————

イベント終了後は、いとうかなこさんのライブを鑑賞。
少し遠巻きに見ていましたが、素晴らしいですね。
個人的に塵骸魔京の曲を聴けたのがよかったです。

いとうかなこさんのステージのあとには、プリキュアショーがあったのですが、これの列がものすごく長く伸びていました。
並んだ人数でいえば、三日間のなかでもトップクラスだったのではないでしょうか。
プリキュア人気、おそるべし。

その後下山し、ポッポ街の5階へ。
ここには西尾維新アニメプロジェクトの原画展などがあります。
電撃文庫のコーナーもあるので、入口では桐乃がお出迎え。

電撃文庫応援コメントのコーナー


三木さんサイン会を! というコメントが気になりますね!

一通り見終わってからは、ボードウォークをぶらついたり、つきねこのライブを見て過ごしました。
そうこうしていると帰りのバスの時間が来てしまい、一抹の寂寥感のなか家路につきました。
こうして僕のマチアソビは終了。
次回また徳島に行ける日を、楽しみにしています!

Archive