11月 30, 2011
daiki

おつかれさまです

お久しぶりです、広報の田中です。
オータム無事終了です!(ちょっと遅いですが)

会場へいらっしゃってくださった皆様
ご協力を賜った皆様
応援してくださった皆様
そして何より、今回御登壇いただいた方々
このような場所ではございますが、私からもお礼を述べさせていただきます。
本当にありがとうございました。

ということで今回は、イベントの様子をカンタンではありますがご紹介させていただこうと思います!
それではまず一日目!
「古里尚丈プロデューサー講演会」

会場内ではお客様の来場に合わせ、古里さんが関わった作品のオープニングテーマを上映させていただきました。
イベントらしい雰囲気にすることが出来たのではと思います!
時間通りに古里さんにご入場いただき、講演会がスタート!

前半は古里さんがお持ちくださった資料を交えながら、プロデューサーというお仕事やアニメ業界のお話を伺いました。
中盤から御登壇頂いた青木さんの鞄からはたくさんの資料が!

作品が世に出るまでの過程を見させてもらった訳ですが、その資料一枚一枚のお二人のコメントを聞いていると、なんだか「羨ましい」という気持ちになってくるのです。
アニメ、つくってみてえなあ。

今回は「講演会」ということで、特定の作品に関する話題よりも、様々な作品に触れながら業界のお話を伺い、「アニメを創る」という感覚が感じられるような、そんなイベントでした。

続いて2日目!

ライトノベルの著者その人に焦点を当てたイベント、というのは珍しいのでは?
題して「アサウラ先生トークショー!」ということで、作品のウラ話やサバゲーのお話など、先生のファンなら大満足の内容でした!

そして、先生のセガ愛も遺憾なく発揮されました!
私も格ゲーのために拡張ラム買いましたよ・・・。と、同じセガファンとして親近感が湧きました。好きなバーチャ○イドはなんですか?なんて、そんなお話、してみたいですね!

会場は笑いに溢れ、あっという間の一時間でした!

さて、今回でイベントに関するブログは終了となります。
また機会があれば、どこかでお会いしましょう!
今後とも当会をよろしくお願いいたします。
それでは!

■駒澤大学現代視覚文化研究会Twitter■
http://twitter.com/koma_gsk

11月 6, 2011
daiki

オータムフェスティバルイベント案内

両イベントの受付は終了いたしました。

ご応募を逃した方のために当日席をご用意いたしました!

詳しくは今年度のイベントについて その2をご覧ください!

 

※当日席をご希望の方は身分証明書(学生証・保険証・運転免許証等)をお持ち下さい。

11月 5, 2011
daiki

アサウラ先生トークショーブログ!

こんにちは。渉外担当の落合です。

当会は今年度の駒澤大学オータムフェスティバル内において、ライトノベル作家のアサウラ先生をお迎えしてトークショーを開くこととなりました!
このブログではイベントに関する情報を更新していきたいと思います。
当日を前に、ブログ最終回となる今回は渉外である私から意気込みを!!

『ベン・トー』に初めて触れたのはまだまだライトノベルというジャンルを読み始めて間もなかった頃です。
そのような中で、半額弁当を争奪するという世界観に、まず衝撃を受けました。
人は時として食品を求め戦うのか・・?と。

勝利した際に登場人物が食べる弁当の説明では、唾液がしたたってきたものです!!
弁当というか食材のおいしさを表現できる文章に感銘を受けました。

そのような魅力あふれる文章を執筆しているアサウラ先生に御登壇頂けるイベントを、多くの方々のご協力を賜ることで実現することができました!!

私も1ファンとしてですが、参加していただけるお客様にもアサウラ先生の魅力を感じてもらえるよう頑張ります!!

宜しくお願いします!!

■古里尚丈プロデューサー講演会特設ページ■
http://komagen.net/otam/tokusetsu_furusato.html

■アサウラ先生トークショー!特設ページ■
http://komagen.net/otam/tokusetsu_asaura.html

■駒澤大学現代視覚文化研究会Twitter■
http://twitter.com/koma_gsk

11月 4, 2011
daiki

古里プロデューサー講演会ブログ!第6話「黄昏れる渉外担当」

どうも、渉外の藤田です。
開催直前に意気込みを…との事なので、少し今回の経緯なんかを語ろうかと思います。

今年の駒現オータムは5日、6日と両日開催が半年ちょっと前に決定して、当会では体力的に難しいと考えていました。

そんな時、古里さんが出演していたイベントでお話を聞いて「他にも沢山話を聞きたいな」と感じ、古里さんの作品や裏で起っている事に興味のある面子、たぶん少人数ではあるが濃い話ができたらなと提案して今回実現しました。

日曜日の企画は明るくやってもらい、土曜日は良い意味でオタクらしくなるかと思います。

私達の年齢からすると長い間、趣味とするコンテンツで活躍してきました古里さんと青木さん。社会人一歩手前である我々にとって、好きな分野で仕事をしているお二方から学ぶことは必ずあります。
とても面白い方々の公演となっておりますので、本ブログをお読みの皆様には是非、11月5日(土)に駒澤大学へお立ち寄りいただいて、帰りには隣のオリンピック公園でラーメンを食して帰っていただきたいです(笑)

〇出演者の主なお仕事〇
古里 尚丈(ふるさと なおたけ)
アニメプロデューサー

2011年 ファイ・ブレイン 神のパズル
2009年 宇宙をかける少女
2007年 アイドルマスターXENOGLOSSIA
2005年 舞-乙HiME
2004年 舞-HiME
2003年 出撃!マシンロボレスキュー
2001年 激闘!クラッシュギアTURBO
2000年 GEAR戦士電童

青木智由紀(あおき ともゆき)
セットデザイナー

2011年 君と僕。          美術設定  
2011年 境界線上のホライゾン   セットデザイン  
2011年 フラクタル         セットデザイン  
2010年 これはゾンビですか?   セットデザイン  
2010年 百花繚乱 サムライガールズ 美術設定  
2010年 伝説の勇者の伝説      セットデザイン  
2010年 聖痕のクェイサー      セットデザイン  
2010年 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト     セットデザイン  
2009年 生徒会の一存        セットデザイン

「出撃!マシンロボレスキュー」(2003)からOVA「舞-乙HiME」を含め、「宇宙をかける少女」(2009)まで、古里氏の手掛ける作品に参加。

■古里尚丈プロデューサー講演会特設ページ■
http://komagen.net/otam/tokusetsu_furusato.html

■アサウラ先生トークショー!特設ページ■
http://komagen.net/otam/tokusetsu_asaura.html

■駒澤大学現代視覚文化研究会Twitter■
http://twitter.com/koma_gsk

10月 31, 2011
daiki

今年度のイベントについて その2

こんにちは。広報担当の田中です。

今回もイベントの参加方法についての補足です。

「うわっ申し込んだのに抽選漏れた!」とか、「あっ、申し込み期間終わってるじゃん!」「げっ、こんな素晴らしいイベントがあるなんて今まで知らなかったよ!」というそこのアナタ!
大変ご好評をいただいている古里尚丈プロデューサー講演会、アサウラ先生トークショー!両イベントの会場になんとかスペースを作り、当日席を設けさせていただくことになりました!また、立ち見でもご入場いただけます。

*注意事項*
会場の混雑具合によっては、ご入場をお断りする場合がございます。ご了承ください。
また、ご入場の際には身分証明書(学生証・保険証・運転免許証等)が必要となりますので、
必ずご持参ください。

イベント詳細についてはこちらをどうぞ!
http://komagen.net/?p=1386

皆様のお越しをお待ちしております!

■古里尚丈プロデューサー講演会特設ページ■
http://komagen.net/otam/tokusetsu_furusato.html

■アサウラ先生トークショー!特設ページ■
http://komagen.net/otam/tokusetsu_asaura.html

■駒澤大学現代視覚文化研究会Twitter■
http://twitter.com/koma_gsk

ページ:«1...567891011...23»

Archive